横浜にあるガラスコーティング専門店「クリスタルカーポート」です。施工についての詳細です。

ガラスコーティング、磨きでポリマーコーティングより艶、輝きを増す 横浜 川崎 横須賀

クリスタルカーポート

トップメニュー施工についてギャラリー

施工について

tennjou.jpg
当社のホームページをご覧頂きありがとうございます。
ガラスコーティングを施工するにあたり当社が重要視しているのは、下地処理であります。下地処理をしっかり行わないと、コーティングを施しても意味がありません。下地処理を行うにあたり、照明設備は重要だと当社は考えております。天井には蛍光灯はもちろん、レフ球、水銀照明を完備しております。


ハロゲンライト
harogen.jpgサイド面にも照明は必要です。
ハロゲンライトを使用し、スクラッチキズ等を慎重に見ながら磨き作業等を行っていきます。
意外と普段見ることが出来ないキズ等を発見することが出来ることもありますが、作業を行って行く上では必要な照明の一つです。


メタルハライドライト
meta.jpgこちらもサイド面だけでなく様々な場面で活躍。
この照明は通常見ることが出来ない、キズ、バフ目、オーロラマーク等や、もちろんコーティングを施す際にも使用しておりますが、この照明もなくてはならない照明の一つですね。


蛍光灯のみのボンネットの見え方
keikoutou.jpg以下3枚の画像は同じボンネットの画像ですが、照明の色により見え方が異なります。


レフ球
rehu.jpgサイド面にも照明は必要です。
ハロゲンライトを使用し、スクラッチキズ等を慎重に見ながら磨き作業等を行っていきます。
意外と普段見ることが出来ないキズ等を発見することが出来ることもありますが、作業を行って行く上では必要な照明の一つです。


メタルハライドライト
rehu&suiginn.jpgこちらもサイド面だけでなく様々な場面で活躍。
この照明は通常見ることが出来ない、キズ、バフ目、オーロラマーク等や、もちろんコーティングを施す際にも使用しておりますが、この照明もなくてはならない照明の一つですね。


下地処理前の窓ガラス
hassui_b.jpg施工前の窓ガラス
施工前の窓ガラスですが、ウォータースポットやイオンデポジットが付着し、通常の洗車や手でこすっても落とすことが出来ません。しかし、そのままコーティングを施すよりもしっかりとした下地処理を行うことで持続期間も延びます。


下地処理後の窓ガラス
hassui_a.jpg下地処理後の窓ガラス
しっかりと下地処理を行うことでウォータースポットやイオンデポジットをなるべく除去しコーティングを塗布して行きます。


撥水の違い
hassui_test.jpgコーティング塗布前、コーティング塗布後の撥水の違い
下地処理後の水弾きはべたっとし水が全く弾きません。画像では分かりづらいですが、マスキングで分けています。画像奥は下地処理のみの水弾きになっております。手前が、下地処理後、コーティングを塗布した水弾きです。


施工後
hassui_a2.jpg窓ガラス撥水コーティング 完成
下地処理をしっかりと施し、コーティングを塗布すれば完成になります。保管状況、使用頻度により持続期間は異なりますが、お気軽にお問い合わせ下さい。

LinkIconプライス


クリスタルカーポート
Crystal Carport

横浜市中区にあるコーティング専門ショップです。
作業中、最高のクオリティを出す為常にシャッターを閉めております。ご了承下さい。
ご来店のお客様は事前にご連絡又は下記問い合わせにてお願い申し上げます。
LinkIconお問い合わせ

IMG_3882.JPG